クラークボランティア2

平成28年8月 公益財団法人オリックス宮内財団×大阪市内の学生

 

公益財団法人オリックス宮内財団は、子ども・青少年など様々な分野での社会貢献活動を続けています。その活動のひとつとして、オリックス劇場でのコンサートの鑑賞、京セラドームの野球観戦、京都水族館見学に、近畿一円の特別支援学校・学級の在校生と保護者や児童養護施設の子どもたちを招待しています。

 

今夏も、このイベントの受付や案内などボランティア活動したい高校生や大学生を募集し、クラーク記念国際高等学校、大阪市立淀川商業高等学校、大阪経済大学、大学生で運営する“レオクラブ”が参加しました。

ボランティアは招待客に入口で受付やパンフレットを手渡し、最初は緊張した面持ちでした。しかし、少しずつ慣れてくると手の空いている生徒がすかさず手を挙げて「どうぞ」と声かけして、戸惑う子どもたちを誘導していました。元気いっぱい弾けそうな笑顔でおもてなします。

 

同財団は、この支援活動を通して、障がいのある子どもと家族に文化やスポーツを楽しむ時間を、学生ボランティアには普段の学校生活で顔を合わすことのない人と接する機会を届けています。