④注文

株式会社 海翔は、これまで市内3ヶ所、社会的課題を抱える子どもたちの居場所を訪問し“にぎり寿司“を提供してきました。
事前に実際に子どもたちのいる場所へ足を運び、丁寧に準備を進めています。当日は、各店舗から有志メンバーが集まり子どもたちの前で寿司をにぎります。朝早くから仕込み作業し、店が忙しくなる時間帯までの合間ぬって活動に参加しています。
また各店舗には、ボランティア活動支援を呼びかける募金箱が設置されていて、メニューにも一工夫があります。“おすすめメニュー”を注文すれば2円が募金箱に入ります。お客さんもこの活動を応援してくれています。

 

大人の真剣さが子どもたちの笑顔に

 

子どもたちが、即席で用意したカウンター席に座ると、スタッフは軽快なトークで盛り上げます。魚を捌き、切り身や刺身になるプロセスを説明することもあります。
相手は子どもとはいえお客様。用意された食材は半端なく、本マグロ一匹をさばき、大トロや赤みなどほんまもんの食材をふんだんに使います。好きなネタを注文し、目の前で握られた寿司を頬張ると、驚きと感動で子どもたちの笑顔があふれます。「うま~」「おっちゃん、まだ?」と待ちきれない子や、照れている子など一人ひとりと対話する内に、職人さんの顔も自然にほころびます。この笑顔が、やりがいとなりモチベーションを高めることに繋がりました。

職人の仕事への真剣さが伝わり「こんな大人がいるんや」と憧れる。子どもたちに夢と希望を届けています。